ギタリストよりもアルトサックス

高校の頃にバンドでアルトサックスを演奏していたことがあります。

最初はギタリスト志望でしたが、私より上手い人がいたため、ギターは諦めてメインの主旋律を演奏できるアルトサックスを選びました。

アルトサックスという楽器を始めるハードルはギターやドラムに比べて圧倒的に高いです。

なんせブラス楽器ですからそう簡単に誰もが演奏出来るわけではないからです。

ギターやドラムは少し練習すればすぐに音を出せる楽器ですが、アルトサックスは中々音を出すのが難しい楽器です。

それに加えて、バンド音楽に疎い人たちからすればアルトサックスの音色というのはアンサンブルの中では非常に重要なものなのです。

私も初めてのライブでは「何を吹いているのかわからない」という感想を友人からいただきました。

しかしじっくりと取り組んでみると、アルトサックスという楽器にはメロディを聴かせることとハーモニーを作り出すことの二つの役割を自在に行き来できる特徴があることがわかってきます。

これはギターやドラムにはできないことです。

激しく鳴り響くギターの演奏の隙間を縫うようにしてアルトサックスの合いの手を入れる…これがこの楽器の醍醐味の一つではないでしょうか。

合いの手を入れたり、リード楽器としてメロディを吹いたりしてバンドの一番の主役にもなれるのがアルトサックスという楽器だと思います。

そんなアルトサックスを私が上手く吹けるようになったのはアルトサックス教室に通ったからだと思います。

今でもその教室はあって人気だそうです。

アルトサックスを吹いてみたい初心者の人におすすめなのがアルトサックス教室ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です